2020年11月25日水曜日

デイリーほっと通信

今期2ヶ月が過ぎようとしています。

12月スタートの機関紙マラソングループがスタートします。

リーダーはもちろんですが、どなたでも参加大歓迎です。一緒に走りましょう。詳しく知りたい方は、どうぞ質問くださいね。お待ちしています。 

高村奈津代

 

 

2020年11月11日水曜日

デイリーほっと通信

人事評価というものをしています。人に評価されるために仕事をするものではないと私は思っています。そして賞与には原資があります。利益の3割です。この利益をど分配するかというのが、この利益に貢献した人に多く分配するというのが賞与の考え方です。であれば、誰に多く分配するのかというのを決めるのが調整会議となります。上司の役割は部下を育てることです。部下が育つことが全体としての成長になり、結果として会社の業績も上がっていく。制度だけではないが、ひとりひとりの意識が行動を変えていく。と思っています。ひとり一人の意識が行動を変え、その行動がさらに周りを変えていきます。全員面談を行っています。自分自身の課題を考えそれについて取り組む為の時間としています。  高村奈津代

 

 

2020年11月2日月曜日

デイリーほっと通信

本日は、月曜日。社内では、SDGsとして、社会貢献する日としています。本来は、特別に日を設けなくても、皆が自主的に、人に、環境に、地域に貢献できると素晴らしいと思っています。この地球が永続的に続いていくことを考えて世界が協力し、取り組んでいこう。と地球規模で決めたものがSDGsです。ひとり一人の意識が、自分だけに矢印が向くのではなく、他人のために、と相手を思い、他人を思い、地域を思い、国を思い、世界を思うことで、世界が少しずつ平和になり、皆が本当の意味で幸せになっていくのだとおもっています。「利他のこころ」を大切にしています。自分の時間とお金と体をほんの少し使ってみませんか。 高村奈津代

 

2020年10月31日土曜日

デイリーほっと通信

Ikigai」講座を行います。アメリカ発の日本人の生き甲斐について考えるワークです。経営方針発表会のときに、お伝えしたikigai(イキガイ)です。興味がある方は高村までお伝えください。詳しいことをお聞きしたい人もお問い合わせください。参加申し込みいただいたメンバーで日程調整します。単発(1回・2時間)です。

締め切り11月7日(土曜日)17時。です。 高村奈津代

 

2020年10月28日水曜日

デイリーほっと通信

【問】お客様から「信用」だけでなく、「尊敬」も得る必要があるというのは、

なぜでしょうか?

 

【稲盛】

 

「尊敬」と「信頼」とは、あきらかに密接な関係であります。しかし、はっきりとした違いもあるのです。「信用」は、

 

商売をするうえで欠かすことのできない基本条件です。ところが「尊敬」というのはより崇高なものであり、尊敬を

 

かちとるのはたいへん難しいことなのです。お客様からの尊敬を得られれば、こちらの意見や提案に耳を傾けて

 

くださるようになります。今必要な物を注文してくださるだけでなく、お客様が計画されている将来の新製品に

 

ついても相談に来られるようになるでしょう。たとえば、ここにある部品業者がいるとします。もしこの業者の顧客が、

 

心からこの業者のことを尊敬していれば、自分の会社で新商品を作る際、ごく初期の設計の段階から相談に

 

来られるかもしれません。設計の段階から参加する「デザイン・イン」で自社の製品が新商品に使用されることが

 

約束されるように、この部品業者の将来も「デザイン・イン」されるのです。それはお客様が、この部品業者の

 

将来も「デザイン・イン」されるのです。それはお客様が、この部品業者のプロとしての能力、貢献度、そして何より、

 

その経営者の人柄を尊敬してくれるからなのです。

高村奈津代

 

2020年10月27日火曜日

デイリーほっと通信

バランスボールって知っていますか?あの、大きなボールもそうですね。紙に書いた丸を8当分したものです。健康・家族・人間関係・趣味・お金・環境・学び・仕事・キャリアなどのバランスを書いて、そしてそれを見てみるというもの。時々、目にする機会があって、何度かやったことがありますが、またその機会をいただいた。時々書くと、その時にまた違う視点がもてて、意味があるなと感じます。皆さんもぜひやってみてください。 高村奈津代

 

2020年10月24日土曜日

デイリーほっと通信

京都大学の大学院での研究に協力依頼され、コロナ渦での状況でのインタビューを受けました。オンラインでのインタビュー。こんなことも新型コロナだから、可能なんだよね。という話にもなり、コロナはとても大変な事なのですが、私の中では、危機感と同じくらいに、そこから得られているものを大きく感じています。世の中には、知らない事が山ほどあります。私たちが知っていることは、微々たるものです。世界中が広がる体験をしているように思います。 高村奈津代

 

デイリーほっと通信

今期2ヶ月が過ぎようとしています。 12月スタートの機関紙マラソングループがスタートします。 リーダーはもちろんですが、どなたでも参加大歓迎です。一緒に走りましょう。詳しく知りたい方は、どうぞ質問くださいね。お待ちしています。  高村奈津代