2021年6月16日水曜日

デイリーほっと通信

6月16日(水)

20日に、プレゼンをする事になっています。

今までかつてないほどに、準備をしていない自分がいます。

今までかつてないほどに、楽観的な自分がいます。

これはなんだろう・・・

昨日、やっと骨子のプレゼン資料を作った。(第一弾)

遅い。

だけど、焦ってなくて、力がはいっていないのはなんだろうと

大丈夫かな〜

結果は、自分がつくる。

自分を見つめることにします。

不思議な感覚です。

 

デイリーほっと通信

6月15日(火曜)

12日。土曜日。

音大を卒業した若者8人の演奏会が浜田で行われた。

主催は、ジュニアクラブ(玄季・彩心

当社に来ている細田さん(フルート)、清水さん(トランペット)中心に進めてきたものです。

生の演奏を間近で観る機会はそうありません。

そして、数メートル先の距離がとても近い中での演奏。

子供さんでも楽しめる曲が多く楽しく時間を過ごせました。

19日は、石央文化センターでコンサートが開催されます。

お時間がある方は、どうぞ足を運んでみてください。

※コロナ対策は十分とっての開催となっております。

 

デイリーほっと通信

6月14日(月)

「やさしい日本語」というものがあるらしい。

それをやっている"ゆうゆう"さんは知り合いです。

そんな有名な人だとは知らなかった。

日本語を教えているというので、てっきり外国人に教えているとばかr思っていたら

違うらしい。

西日本新聞に「やさしい日本語」というシリーズで出ているのを教えてくれた

なるほど・・・

やさしい日本語が使える様になると

英語が話せる様になったとか・・聞いた。

へー・・。

いろんな翻訳アプリがあるが

やさしい日本語を使うと

翻訳アプリが正確に音訳してくれるんです。

と聞いて。

なるほど。

優しく、やさしく。

やさしい日本語をつかうように意識していこうと思った。

 

デイリーほっと通信

6月13日(日)

ある学びの場。

一区切りが着いたので、終了の集まりでシェアー会をしようとの事で、

参加した。

8人。

1人目のシェアーの人は、

私が一番よく知っている人で、付き合いは短いが結構濃い。

知れば知るほどに、

「なんだ、この人は!!!凄すぎ」

「天は二物を与える??二物ではなく・・いくらでも」という感じの方です。

そして、めちゃくちゃ良い人ときている。

なんでもできる(出来そう)なのに、

何にもできない(分からない)私に、

わかる様に、わかるまで(皆に)直ぐに、あの手この手で教えてくれる

その情報量の多さには、

こんな人が世の中にいるんだ と最初は驚いた。

なんと、学びを纏めたものを歌詞にして

歌にして・・・・

結局、みんなでラ・ミゼラブルで歌い、それを映像化するということになっていた。

記念になるな〜

ありがたい。

私は、どんな貢献ができるのだろうか。

 

デイリーほっと通信

6月12日(土)

いよいよ BNI(ビジネス・ネットワーク・インターナショナル)がスタートします。

簡単ではない。

だからどうだということでもなく。

やってみる。ということでスタートしています。

どういう流れでで、BNIをやることになったか。という経緯をお伝えします。

コーチングを学んでいる同志が名古屋にいます。

彼女が、今度プレゼンをするというので、

「来る?」と問われたので、

皆で応援に行こう!と4、5人で参加したのです(ズーム)

そしたら、そこがBNIだった。

びっくり!!した。

朝の6時半から。

めちゃくちゃ元気な場がそこにあって、

なんかわからないけど、凄いなと思った。

そう伝えたら、

「島根には無いみたいだけど、お隣の山口には、とっても素晴らしい方がいるよ。紹介しようか。」と

言われたので、「はい」と答えて、

その山口の方と話したら(ズームで)

ちょうど、今萩に立ち上げようとしているので、

益田と一緒に立ち上げたらいいと思うんだけど、どう?と言われて。

そうですね・・・となんとなく 

答えて・・・

まずは、入会して・・と思っていたら

誰か、私を保証する人が二人必要だということで、岡崎さんにお願いしたら

タイピックの岡崎さんが、「これは何?」と興味を持ってくださって、一緒に入会してくださった。

こうなると、前にすすむしかなくなって・・・

なんとなく・・・ここまで来て・・・しまった。

強い思いなんてなかったのですが・・・

何となく、発足まできてしまったという感じなのですが。

簡単なことではないですが、

新しいことが始まります。

来月初めに発足イベントがあります。

興味のある方は、ぜひご参加ください。

朝6時半からです。

 

デイリーほっと通信

6月11日。(金)

私がここしばらく学んできた本質行動学という学問があります。

ここの、クレドが大好きです。

とてもとても長文なので

全文は、載せませんが、少しだけエッセンスを載せます。(それでも長文になってしまいます)

どうぞお時間があるときに読んでみてください。

「学問とは問いを立てて学ぶと書きます。

勉強は強いて勉めると書きます。だから辛くなります。犠牲を伴います。

幸せなライフをマネジメントしていくために自ら学問していただく場になります。

すべての人間は肯定されたいと望んでいます。

そのため否定されると嫌な人だと思います。肯定してくれる人をいい人だと思います。

安心安全の場だからこそ自分の弱さすら自己開示できるようになり、

それをメンバーのみなさんに受け止めてもらうことで、今後の人生に活かしていけるようになるのです。

「安全第一」と「肯定ファースト」を大切にしていきましょう。

凄い人ばかりで気後れしてしまうという方もいらっしゃるかもしれません。

人間は他者と比べがちですが、本当のことをいえば、それぞれの人は

遺伝も経験も魂もあらゆるものがまったく違う別の"宇宙"のようなものです。

それぞれ固有の性質と成長のタイミングと速度があり、まったく違うものを比べても意味はありません。

まずは自分の気づきと成長に集中しましょう。

そして、他の人がそれぞれのスピードで成長するのを見守っていきましょう。

そもそも人間としてこの世界で懸命に生きている点では、有名も無名もなく、

存在としての価値は最初から完全に等しく在ります。

存在価値を高めるために、努力や成長をする必要はないのです。

あなたの本質は肩書きや経歴でもなければ、あなたが作り上げた自己像ですらなく、

その奥にあるいのちの動きそのものです。

ただ成長と貢献の喜びのために、犠牲を出すことなく、現実とのバランスをとりながら、

それぞれのペースで道程(プロセス)を味わいながら学んでいきましょう。

モヤモヤを感じることもあるでしょう。実はそこに自己深化のヒントが隠れています。

穏やかな気持ちで自分を俯瞰しながら「なぜモヤモヤを感じるのだろう?」と語りかけてみてください。

あるときに"なかったこと"にしていた「洞窟の中に閉じ込めた子どもたち」が見つかるかもしれません。

そうした過去に切り離してきた自分を抱きしめることができるたびに、自己が統合されていき、

これまで繰り返してきた様々な不合理な行動の理由(わけ)が統一的に理解できるようになり、

マネジメントが可能になって、ふと気づけば格段に生きやすくなっていることでしょう。」

 

デイリーほっと通信

6月10日

月に1回。(厳密には月2回)

社外で、12カ条勉強会を行っています。

いろんな情報交換の場でもある。

「心を高める経営を伸ばす会」

女性元盛和塾山陰塾生4人で立ち上げた。

大変お世話になっている、ダックスの大畑憲さんも毎回参加してくださるのは有難い。

大畑憲さんが入ってくださることで、

全く新しい視点をもらったりする。

今回は、めがねのモチダの持田さんから

面白いすごろくを教えていただいた

今は、オンラインで多くの人とつながりやすくなっています。

学びの時代とも言われています。

 

デイリーほっと通信

6月16日(水) 20日に、プレゼンをする事になっています。 今までかつてないほどに、準備をしていない自分がいます。 今までかつてないほどに、楽観的な自分がいます。 これはなんだろう・・・ 昨日、やっと骨子のプレゼン資料を作った。(第一弾) 遅い。 だけど、焦ってなくて、力がはい...